ファクタリングは資金問題を解決する有効手段 事業者に人気の資金調達方法

ファクタリングは、事業者の持つ売掛債権を早期に現金化することです。早ければ即日で資金調達でき、さらには借金の扱いにはならないため、今後の銀行融資のつなぎにもなります。

事業者が抱える資金面での悩み

事業者が抱える資金面での悩み

多くの事業者が抱える大きな悩みの1つは「資金問題」でしょう。

  • 債務超過
  • 運転資金不足
  • 業績の悪化
  • 税金滞納
  • 時間のかかる入金サイクル

これらの問題を解決するために、金融機関の融資を頼ることもあるかと思います。しかし金融機関の融資には大きなデメリットがあります。

  • 審査の時間が長い
  • 担保や保証人が必要
  • とにかく審査が厳しい

これらのことが原因となり、融資を受けたいけど受けられない、融資を受けるまでに時間がかかるといったことも。また融資を受けられても借金であるため信用情報に傷が残り、その次の融資の足かせになることも。

「今すぐ現金を調達する必要がある!」

そのような事業者に是非一度考えてもらいたいのが「ファクタリング」です。ファクタリングは借金ではありません。事業者の持つ売掛債権を売却し、それにより資金調達をすることです。

借金ではないため、信用情報は傷つきませんし、貸借対照表にも借金の記載は載りません。ちなみに会計処理としては「譲渡損」として処理されます。

ファクタリングとは?仕組みを簡単に解説

ファクタリングとは?仕組みを簡単に解説

ファクタリングとは「売掛債権を売却することで資金調達する方法」です。

売掛債権とは売掛金をもらう権利のこと。

一般的な会社はどこかに商品やサービスを提供していることでしょう。それはつまり売掛金(売掛債権)があるということです。つまりほとんどの会社が該当するということです。

売掛債権は会社の持ち物です。会社の持ち物を売却することで資金調達することをファクタリングといいます。

これがファクタリングの基本的な考えです。

ファクタリングの大まかな流れ

  1. 事業者が売掛債権をファクタリング会社に問い合わせ。

  2. ファクタリング会社が売掛債権を審査。審査に通ると契約締結。

  3. 契約後、事業者の売掛債権をファクタリング会社が購入。

  4. 数ヶ月後、取引先から事業者に入ってきた売掛金をファクタリング会社へ送金。

売掛債権には価値がある だから買い取りたい会社がある

売掛債権には価値があります。

たとえばあなたの会社が取引先に300万円の請求書を出したとします。請求書を出したということは、商品やサービスを提供したということであり、後は入金されるのを待つだけの状態です。

つまりあなたの会社は取引先に対し300万円の売掛金があるということとなり、それは300万円をもらう権利を持っているということであり、それはつまり300万円の価値がある売掛債権を持っているということになるのです。

300万円の価値のある売掛債権ですが、価値があるものは欲しがる人はいるものです。

価値のある売掛債権を欲しいと考えているのがファクタリング会社です。

支払いまでに時間がかかるのが問題

多くの会社では商品やサービスを取引先に納品し、その対価としてお金(売掛金)をもらいます。しかし商品やサービスを納品したらすぐにお金をもらえるかというとそうではないケースが多いことでしょう。

多くの場合1ヶ月~2ヶ月後に支払われると思います。

問題は売掛金が入ってくるまでの間、資金ショートを起こしてしまう会社もあるということです。

「売掛金はあるのに、将来的に間違いなく入ってくるお金はあるのに、現段階で資金が不足して会社が回らない・・・。」

このような経営状態に陥っている会社は少なくなく、場合によっては「黒字倒産」に陥ってしまうのです。

この状態を解決するために役に立つのがファクタリングです。

ファクタリングを具体的に説明

ファクタリングを具体的に説明

ファクタリングとは「売掛債権を売却することで資金調達する方法」です。

ファクタリングの流れは2段階になっています。

  • 事業者の持つ売掛債権をファクタリング会社が購入し資金調達完了
  • 売掛先から振り込まれた売掛金をファクタリング会社に送金し契約完了

今回は300万円の売掛債権をあなたは持っているとします。300万円の売掛債権は300万円の価値があります。価値のあるものは少なからず需要があり、それを欲しいと考えているのがファクタリング会社です。

事業者の持つ売掛債権をファクタリング会社が購入し資金調達完了

事業者は300万円の価値のある売掛債権を持っています。数ヶ月後には売掛金が入ってくるのですが、今資金が足りません。

そのためファクタリング会社に売掛債権を売却することにしました。

ただし300万円の価値のあるものを、そのままの価格で買い取ったとしても、ファクタリング会社として利益は出ません。そのため手数料を引きます。今回の手数料を30万円とします。

300万円の価値のあるものをファクタリング会社は270万円で買い取ります。

ここまでが第1段階です。この段階で事業者であるあなたの会社にはファクタリング会社から270万円の現金が振り込まれることとなり、資金を調達することができました。

ただしこの段階では、資金調達ができた事業者はよいのですが、ファクタリング会社はマイナス270万円です。

売掛先から振り込まれた売掛金をファクタリング会社に送金し契約完了

次に数ヶ月後、300万円の売掛金が、取引先からあなたの会社に振り込まれます。

売掛債権はファクタリング会社が持っているのですが、取引先はそれを知らないため、あなたの会社に振り込まれるわけです。

振り込まれた300万円の売掛金を、ファクタリング会社にそのまま送金します。

これによりファクタリング会社は手数料分の利益を手に入れることができ、契約は完了します。

事業者とファクタリング会社の両方がWIN-WINの関係となる

このようにファクタリングの流れは2段階に分かれます。

多くのファクタリング会社が売掛債権を購入したいと考えています。そのため価値のある売掛債権であれば、どのファクタリング会社でも購入してくれることでしょう。

事業者からすると早期に資金調達をすることができました。ファクタリング会社からすると手数料を手に入れることができました。

まさにWIN-WINの関係となるわけです。

ファクタリングのメリットとデメリット 優秀な資金調達方法だが注意したいことも

審査・契約の際に必要となる書類

ファクタリングを利用する際には以下の書類が必要となってきます。

  • 法的証明書類
  • 売掛債権証明書類

ただしファクタリング会社によって審査方法が異なるため、この限りではありません。

ファクタリングで資金調達をなるべく早く実現したい場合には、これらの書類をあらかじめ用意しておくと、早ければ即日のうちに、資金調達を完了させることも可能なのです。

ファクタリングの審査に必要な書類 売掛債権の信頼度を判断することが目的

金融機関よりも審査が緩い

ファクタリングを利用する際には審査が必要となってきます。しかしこの審査は、金融機関の審査に比べるとはるかに緩いとされています。

緩いというのは語弊がありますが、審査する観点が異なるのです。

金融機関で融資を受けようと思ったら、担保や保証人が必要となります。しかしファクタリングの場合には担保や保証人は必要ありません。これは非常に大きなメリットです。

ファクタリングの審査が通らない ファクタリングの審査って緩いのはウソ?

ファクタリングには2つの契約形態がある

ファクタリングには2つの契約形態がある

ファクタリングには2つの契約形態があります。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。どちらを選ぶかによって手数料が変わってくるとともに、これから先の売掛先との付き合い方も変わってくることがあります。

2社間ファクタリング

ファクタリング利用者の9割が、この2社間ファクタリングを利用します。なんといっても大きなメリットは「売掛先にファクタリングを利用したことが知られない」ということです。

売掛先にファクタリングを利用したことがわかれば、資金難に陥っているということがわかってしまいます。売掛先にもよるのですが、資金難に陥っている会社と今後も変わらず付き合っていくかというと、正直疑問です。

このような可能性があるため、2社間ファクタリングの場合は、売掛先にファクタリングを利用したことを通知しない契約形態となります。

その反面、ファクタリング会社からすると、購入した売掛債権を現金化することのリスクが高まってしまいます。そのため手数料が3社間ファクタリングと比べても高くなってしまいます。

3社間ファクタリング

とくに大きな金額の売掛債権をファクタリング会社に譲渡する事業者が利用される傾向にあります。

3社間ファクタリングのメリットは、手数料がかなり低く設定されているという点です。平均的にみると5%~10%の間。それ以下の設定をしているファクタリング会社もあるほどです。

しかし大きなデメリットとして、売掛先にファクタリングを利用することが通知されます。ただし相手がこれを了承しているのであれば2社間よりも3社間を選ぶ方が賢明でしょう。

3社間契約に特化したファクタリング会社 手数料を徹底的に安く抑えるために

価値のある売掛債権とそうではない売掛債権

のある売掛債権とそうではない売掛債権

ファクタリング会社は事業者の持つ売掛債権を買い取ることで初めて商売をすることができます。

そのため、なるべく多くの売掛債権を買い取りたいのが本音です。しかし手当たり次第に買い取るわけではありません。「価値のあるものとそうではないもの」言い換えると「リスクのあるものとそうではないもの」を審査によってふるいにかけているのです。

ファクタリング会社が利益を上げるためには、事業者から買い取った売掛債権を現金にしなければなりません。現金にするためには、売掛金が事業者の元に入金され、それが送金されなければならないのです。

つまり「売掛先が何かしらのトラブルで売掛金を事業者に支払えなくなる」とか「事業者が入金された売掛金を何かしらのトラブルでファクタリング会社に送金できなくなる」といったことが起こってしまった場合、ファクタリング会社の持っている売掛債権は何の価値もなくなってしまい、さらに買い取った金額分マイナスになってしまうのです。

ファクタリングの審査を受ける前に知っておきたいこと 審査で重要視されるポイントとは

ここで重要となるのが「売掛債権の信頼度」となるのです。「最終的にファクタリング会社に利益をもたらしてくれるものであるか否か」という所がポイントとなります。

では信頼度の高い売掛債権とはどのようなものでしょうか。

信頼度の高い売掛債権とは

ファクタリング会社での審査で重要視するポイントは以下の通りです。

審査で重要視するポイント
  • 事業者は信頼度があるのか?
  • 売掛先は信頼度があるのか?
  • 事業者と売掛先との間に継続的な取引があるのか?
  • 事業者と売掛先との間の取引で入金のトラブルはないのか?

この限りではありませんが、これらがクリアできれば価値のある売掛債権と判断されやすいです。逆にこれらがファクタリング会社の審査によって見えてこなければ、ファクタリング会社としても契約を結ぶことに躊躇してしまいます。

ファクタリングで審査される3つの照会情報 登記・帝国データ・東京商工

実はファクタリング会社はリスクが高い

ファクタリングの手数料が高い理由は「ファクタリング契約がファクタリング会社にとってリスクの高いものであるため」です。

ファクタリングには担保も保証人も必要ありません。また契約には償還請求権がありません。

償還請求権とは

事業者が売掛債権をファクタリング会社に譲渡したのちに、万が一倒産してしまった場合。ファクタリングで調達したお金はファクタリング会社に戻す必要はない。

つまりファクタリング会社は大きなリスクを背負いながら、事業者の売掛債権を購入していることとなります。このため手数料が高く設定せざるを得なくなりますし、信頼度の高い売掛債権を取り扱いたいのです。

ファクタリング会社を欺く事業者の存在

もしファクタリング会社が手当たり次第に売掛債権を購入するとどうなるのか。かなり早い段階でファクタリング会社の経営が傾いてしまうことでしょう。

ファクタリング会社の利益が上がるのは、売掛先から事業者に売掛金が入ってきて、そこから事業者が入ってきた売掛金をファクタリング会社に送金した段階で初めて利益となります。

この一連の流れの中でどこかしらでもトラブルが発生してしまうと、損をするのはファクタリング会社なのです。

これを利用し、ファクタリング会社を初めから欺こうと考える事業者が存在します。

たとえば架空の売掛債権を作り上げ、ファクタリング契約をし、資金を得ているケースもあります。

資金を調達するとそのまま連絡が取れなくなってしまうのです。よくよく調べてみると、売掛先が実は存在しなかったり、売掛先と手を組んでいてどちらにも連絡が取れなくなったり。

このようなケースがあるため、手当たり次第何でも購入するというスタンスは難しいのです。