銀行系のファクタリングは審査が厳しい?資金調達しにくい事も

急な資金繰りに悩んだときの助け舟ともいえるファクタリング。

初めてファクタリングを利用する経営者には、銀行系ファクタリング会社は安心、安全な印象です。ですが、銀行系ファクタリングには落とし穴が潜んでいる場合も。

銀行系ファクタリングで失敗しない為にも、銀行系ファクタリングの現状について解説していきます。

ファクタリング会社には種類がある?

ファクタリング会社にはいくつかの種類があります。

  • 銀行系
  • ノンバンク系
  • 大手独立系

それぞれにメリットがあります。中でも銀行系ファクタリングは、そのバリューネームから信頼度の高さが高評価されます。企業にとって銀行との取引こそ、信用度の図りと位置づけるところも多いです。

銀行系ファクタリング会社

銀行系ファクタリングとは、100%銀行が出資しているファクタリング会社での取引です。銀行では「でんさい」や「F-NET代金回収サービス」など、独自のファクタリングに似たサービスがあります。ですが、ファクタリング会社は、あくまで銀行の子会社としての企業です。

日本の経済を支えているメガバンク3行では、ファクタリング会社を傘下に置いています。

  • 三菱UFJファクター株式会社(三菱UFJ銀行)
  • みずほファクター株式会社(みずほ銀行)
  • SMBCファイナンスサービス株式会社(三井住友銀行)

名立たる銀行の名前が入ったファクタリング会社なら、信用性に問題なく要望に応えてくれると考えますが、使い方1つでマイナスになる可能性も出てくるのです。

ノンバンク系ファクタリング会社

ノンバンク系ファクタリング会社は、銀行事業を行なっていない企業グループなどが運営しているファクタリング会社です。消費者金融会社や証券会社などの金融業はもとより、通信事業や物流など多方面にわたります。

ノンバンク系ファクタリング会社は、銀行系ファクタリング会社に比べて手数料が低めです。しかし、ファクタリングする為に、金融機関が資金元になるのもノンバンク系ファクタリング会社の特徴といえます。

大手独立系ファクタリング会社

大手独立系ファクタリング会社とは、親会社が金融機関や大手企業グループではないファクタリング会社です。独立系ファクタリング会社のメリットは次の3つです。

  • 親会社を持たないので、審査から資金化までのスピードが速い
  • 数十万円程度の小口利用も可能な為、個人事業主や中小企業でも急な資金繰りができる
  • 銀行系・ノンバンク系より細部にわたり柔軟な対応をしてくれる

しかし、メリットがあればもちろんデメリットもあります。

  • 手数料は10%〜30%と銀行系、ノンバンク系に比べると高額
  • 後ろ盾のない事も独立系ファクタリング会社にとって信用度が低い

銀行系ファクタリングの審査が厳しい理由とは何?

銀行系ファクタリング会社は、信頼度の高さでいえばトップクラスです。しかし、融資を受ける際には民間ファクタリング会社にはない【審査】や【担保設定】など厳しい条件があります。

貸倒れは銀行の信用問題にかかわるから

会社経営で最も重要ともいえる融資。大企業になるほど銀行の融資なしで経営する事は、ほぼ皆無です。銀行は、企業を評価しランク付けしてお金を貸すか貸さないか、金利をどのレベルに設定するかを決めています。格付けによって、企業に対する融資の限度額や融資期間を定められ、格付けが悪いと、金利を上げられたり融資が実行されない場合も。

企業は銀行から良好な経営と判断されなければなりません。ここまで査定が厳しいのは、銀行側の信頼に影響してくるからです。銀行にとって貸倒れは信用問題に関わってきます。貸倒した企業を抱える事は、不良債権を抱えている事と同じなのです。

銀行が親会社であるファクター業にとって、貸倒した企業へのファクタリングも融資同様、大きな負債となります。このような理由から銀行系ファクタリングは、ノンバンク系や大手独立系に比べて審査が厳しくなっているのです。

ファクタリング申込者を装った詐欺事件の影響

日本では、ファクタリングそのものがまだ浸透していません。債権の売買自体に法整備ができていないという事も関係しています。法整備がされていない為、詐欺が横行しやすい環境になっているのです。

悪質なファクタリング詐欺には、代表的な3つの手口があります。

架空債権

架空の売掛債権を発行し、ファクタリング会社に買い取らせます。請求書や売掛台帳、銀行の入出金明細までねつ造されている場合がある為、悪徳業者と分からない事があります。

二重譲渡

二重譲渡の本来の意味は、「ある物や権利を他者(第一譲受人)に譲渡した譲受人が、同一の物を第三者(第二譲受人)へ譲渡する事」です。ファクタリングでの二重譲渡は、売掛債権を複数のファクタリング会社に買い取らせ、現金化する事なので、ニュアンスの違いがあります。

組織ぐるみの計画倒産

組織ぐるみで、多額の売掛債権をファクタリングし、計画倒産させるこのやり口が最も被害が大きくなります。中には数千万円から数億円にのぼる被害も。これは企業が組織ぐるみで行う為、巨額詐欺事件に発展する事案も出てきています。

これらの詐欺事件に対応すべく、銀行系ファクタリング会社では査定が厳しくなっているのです。

銀行系ファクタリングのメリットとデメリットは何?

初めてファクタリングを利用するとき、民間のファクタリング会社に比べ、銀行系ファクタリング会社は安心・安全という印象を持ちます。しかし、ファクタリングの方法によっては、損をする場合もあります。

銀行系ファクタリングのメリット

銀行系ファクタリングのメリットは次の2つです。

手数料が低い

年利換算で6~12%程度、月利だと0.5%~1.0%です。独立系ファクタリングの月利が10%~30%なので、この差は歴然ですね。

銀行のネームバリューによる信頼感

メガバンクの子会社というだけで安心感を得られます。

銀行系ファクタリングのデメリット

銀行系ファクタリングのデメリットといえば以下の2つが考えられます。

3社間ファクタリングが前提

ファクタリングする際、売掛先に通知されます。ファクタリングを売掛先に知られたくない場合、銀行系ファクタリングを使わないのが妥当な選択となります。

審査のハードルが高い

取引先との契約書はもちろん、注文書や仕様書、見積書や納品書など請求書以外の書類が整っていないと審査対象となりません。杜撰な財務管理ではいくら売掛債権があっても門前払いの可能性も。日頃から会社の財務状況をしっかり把握し、書類を作成しておく必要があります。

個人事業主などは親しい業者だからと書面に残さず、請負う事をしがちですが、これも銀行系ファクタリング会社には通用しません。

(まとめ)銀行系のファクタリングは審査が必須!緊急性が高いなら民間のファクタリング会社を検討しよう

銀行系ファクタリング会社は、ファクタリングといってもその審査内容や対象は銀行の融資を受ける時とさほど差がありません。ファクタリングを受ける最大の理由は緊急の資金調達です。緊急だからこそ、銀行系ファクタリング会社ではなく、スピーディーで柔軟な対応の民間のファクタリング会社をオススメします。