国が推奨するファクタリング 売掛債権担保融資保証制度

経営者の一番重要な役割は企業を運営するための資金繰りです。

潤滑な資金調達と財務基盤を確立しなければ、倒産に追い込まれる可能性もあるほど、常に目を光らせておなかければなりません。

ファクタリングと売掛債権担保融資保証制度は、売掛金を活用するという部分は同じです。しかし売掛金を担保にする売掛債権担保融資保証制度と、売掛金を第3者であるファクタリング会社に譲渡し、決済日よりも前に資金化するファクタリングとでは異なります。

今回はファクタリングと売掛債権担保融資について詳しく解説していきます。

資金調達にはどのような種類があるのか?

最近、日本国内で注目されている資金調達方法がファクタリングです。

しかしファクタリングの知名度はまだまだ低く、金融機関の融資が資金調達の手段という考えが、多くの企業に根強く残っています。融資を受ける際に必要となるのが担保です。担保を入れることで、少しでも返済負担額を減らすことが可能です。

しかし、担保にもそれぞれ価値があり、それによって融資額や利息も大きく変わるのです。

融資に有効な担保の種類

担保とは、債務を実行するために、債務者から債権者へと提供する金融商品を指します。担保は大きく分類すると、

  • 物的担保
  • 人的担保

の2種類が該当します。物的担保とは、「物」を担保として預ける方法です。人的担保とは、債務者が返済できない場合に債務者の代わりとなって返済を行なう「保証人」や「連帯債務者」を立てる方法です。担保にできるものとしては、

担保にできるもの
  • 不動産
  • 自動車
  • 銀行の預金
  • 売掛債権
  • 証券
  • 在庫
  • 企業の生産設備
  • 生命保険

などが挙げられます。担保を用意すると融資が受けやすくなるだけでなく、金利や融資額、返済期間においてもメリットがあります。

担保価値の高い売掛債権

不動産や在庫といった担保は価格こそ大きなものですが、すでに担保に入れていたり、在庫の確認が目減りしたりしている場合があります。

そこで注目されるのが売掛債権です。

売掛債権は、大半の企業が未収金の売上として保有しています。売掛債権には担保としての価値があり、債権を第三者に譲渡する(債権流動化)ことで融資を受けるケースは多々あります。このような融資制度は「売掛債権担保融資(ABL)と呼ばれています。売掛金次第では、億単位の融資も可能です。

資金調達に要する時間は?

会社を設立したときや、起業をした直後はもちろん、経営を持続するために資金調達は必須です。大半は自己資金で賄いきれず、突然の資金調達を強いられます。

そのようなとき、融資の手続きからの実行までの時間が長いと、経営者にとって大きな悩みの種になってしまうのです。

担保設定に要する時間

事業資金の融資を受ける場合、抵当権を設定し、担保付の融資を利用することがほとんどです。担保とする不動産や土地に抵当権を設定する場合、債権者と債務者の取り決めだけでは正確な抵当権を設定できません。 登記をして手続きをしておくことが必要です。

抵当権を設定するためには、印鑑証明や不動産権利書などの書類が必要です。それを全て揃えて法務局で手続きを行います。この手続きは専門家である司法書士に依頼するのが通例ですが、即日で完了することはほぼ皆無です。

審査から実行されるまでの時間

融資には銀行融資や公的融資がありますが、それぞれ審査から実行されるまでの時間は違います。

銀行融資の場合は業績計画や返済計画が重要視されます。銀行は民間企業なので利益確保を目的としてお金を貸します。融資したお金が確実に返済されないと、取引自体が成立しないため審査も厳しく時間もかかるのです。

審査にかかる日数は早くて2~3日、遅ければ10営業日程度です。実際に融資が実行されるまでの時間を考えると、1ヶ月近くかかります。

公的融資には、政府系金融機関からの融資と、信用保証付き融資があります。政府系金融機関の代表となるのは日本政策金融公庫です。日本政策金融公庫では、起業をしたばかりの信用力の低い人に対しての融資にも、前向きに検討してくれるのが特徴です。

日本政策金融公庫で融資の申込みをしてから融資が決まるまでは、だいたい3週間で場合によってはもっと時間を必要とします。

このように、国がファクタリングを推奨する理由についてはいくつかあります。国内の中小企業が保有する売掛金は、76兆円以上といわれています。しかし、資金調達に活用されているのは全体の0.6%しかありません。そのため、もっと資金調達手段として活用するべきだと考えられているのです。

売掛債権担保融資とファクタリングの違い

担保には不動産の他にもさまざまなものがあります。しかしこれらのほとんどが経済情勢に左右されやすいものとなっています。

そこで注目されるのが、売掛金を担保にしたり売却したりする新しい資金調達方法です。

売掛債権担保融資とは?

中小企業が保有する売掛債権を担保として、金融機関から借入れをします。その際、金融機関を通じて信用保証協会に本制度に基づく保証の申込みを行います。本保証が行われた場合、中小企業者が借入金を返済できないときには、信用保証協会が金融機関に貸付残高の9割を代位弁済するとともに、金融機関及び信用保証協会は売掛債権から回収を行います。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、企業が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却して資金調達する方法です。支払いサイトの期日前に現金化でき、万が一売掛先が倒産した場合でも、支払いリスクを回避できるメリットがあります。

ファクタリングや売掛債権担保融資は新しい資金調達

現在でも、企業にとっての資金調達方法は、融資という概念が拭いきれません。しかし融資は負債です。借りればその分の利息+借入金を長期に渡って返済する義務が生じるのです。

ほとんどの企業が売掛金を保有しているにも関わらず、売上から入金されるまでのタイムラグが原因で資金難に陥ります。

ファクタリングも売掛債権担保融資保証制度で金策をする羽目になります。融資申し込みは書類準備の手間や審査を待つまでの時間が無駄になります。手元にある売掛債権を使い、資金調達が可能なファクタリングや売掛債権担保融資保証制度は、現代社会における理にかなった資金調達方法です。

ファクタリングや売掛債権担保融資保証制度を使い分けて健全な財務管理を

売掛債権を担保とした融資やファクタリングは、海外では一般的な資金調達方法です。売掛金を利用した金策は財務体力の低い中小企業には特に効果的と言われています。資金繰りの改善という意味では、不動産担保や預金担保よりも有効なのです。

中小企業にとって、例え少額でも資金調達に行き詰まれば財務基盤を揺るがす事態となります。売掛債権を上手に金策に利用し、ファクタリングや売掛債権担保融資保証制度を利用することは、スムーズな資金調達だけでなく経営状態の改善にも繋がるのです。