手形割引とファクタリングの違いとは?不渡りと審査のリスクを回避できるファクタリング

混同しやすい手形割引とファクタリング

手形割引とファクタリングは、どちらも売上金を早期に現金化できるという点では同じ資金調達方法です。資金繰りに有利で、長期的な資金計画を立てやすくなります。しかし一方で、負債不渡りのリスクや手数料、サービス面などでそれぞれに違いがあるのです。

また、重視するポイントによって、どちらを選択したら良いのかが異なります。良く混合されやすいこの2つの用語。そこには、ある明確な違いがあるのです。

手形は期日に支払う証明

【手形】と一言でいっても、その種類は様々な形のものがあります。

  • 通行手形(関所手形)
  • 切符手形(切手)
  • 約束手形
  • 為替手形

この他にも様々な形の手形があり、普段から使っている切手も手形の1つに分類されます。商取引に使われる手形が約束手形と為替手形です。

約束手形や為替手形は、商品やサービスの納入企業が代金を一定期間の後に支払うことを約束して発行する、書面(有価証券)のことをいいます。一般的には、

  1. 納入企業が支払企業に対して、商品やサービスを提供
  2. 納入企業が支払企業に対して、代金の請求書を発行
  3. 請求書の期日に支払企業が納入企業の指定口座へ入金

という流れで、商取引が行われます。この掛け売りの際、期限に支払いを完了させますという証として用いられるのが手形なのです。

手形割引がもたらす影響

手形割引をすることで企業に与える影響は良くも悪くも出てきます。

  • 早急に資金調達が可能
  • 融資に比べると審査が甘い
  • 手数料が安価

企業にとってプラスな面がある一方で、

  • 振出先が支払不能になると買い戻し義務が発生する
  • 手数料が発生する
  • 手形を持ってければ使えない

というというような悪影響が出てしまう場合もあるのです。また、手形割引は資金繰りに困っているという、風評被害的な要素も持っていますので注意が必要です。

ファクタリングとは売掛債権を資金化する金融工学

ファクタリングは、未回収の売掛金に関するリスクを軽減したり、売掛債権を譲渡して現金を調達したりできます。敏速な対応で資金調達が可能なため企業にとって頼りがいのあるサービスです。日本は、先に商品やサービスを提供し、後から代金の回収をする信用取引が一般的です。こうした掛取引は次のような次のようなリスクもあります。

  • 売掛金の入金が遅れる
  • 売掛先の倒産などにより貸倒れになる

ファクタリングを使えば、売掛先が倒産の恐れがある場合などに、あらかじめ保険をかけることが可能です。未回収のままの売掛金を売却して現金化することもすることもできるのです。

ファクタリングがもたらす影響

買取ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。2社間ファクタリングは、売掛先に売掛債権売却を知られることがありません。取引関係に悪影響を与えずに済むのがメリットです。ただし、ファクタリング会社に支払う手数料は高くなる傾向があります。

3社間ファクタリングは、売掛先に売掛債権を買取してもらう旨の承諾が必要です。取引先に資金繰りが苦しいといった印象を与える可能性もあります。そのため取引先に通知するにあたり、誤った情報が伝わらないように説明する必要があります。

2社間ファクタリングにおいての悪影響はほぼ皆無ですが、3社間ファクタリングを行うときは、注意すべき点があることを覚えておきましょう。

手形とファクタリングの違いとは?

手形割引とファクタリングは似ているところがあります。一番の共通点は【早急な資金調達】いう目的です。手形割引は「約束手形の期日までに換金したい」という場合に行います。ファクタリングも「売掛金を早く回収したい」という理由で、ファクタリング会社に売掛金を買い取りしてもらう目的があります。

どちらの理由も、キャッシュフローの改善を目的とした「早期回収」です。その一方で、この2つには微妙な違いがあります。

貸し倒れ責任の違い

手形割引とファクタリングの1番ともいえる大きな違いは「不渡りを起こすリスク」の有無です。結論からいえば、売掛金が回収できない時の対応が違います。

  • 手形割引は「約束手形を発行した会社」
  • ファクタリングは「売掛金の債務を負っている会社」

売掛先が経営破たんした時に、手形割引は自社にも責任が追及されますが、ファクタリングはされません。

これは手形とファクタリングの取引方法の違いがあります。それぞれの違いは、

  • 手形割引=融資
  • ファクタリング=売買

です。取引する過程で異なる要素を持つため、責任の違いが生じるのです。

資金化するためのコストの違い

資金化するためのコストは、手形割引が安く設定されています。

ファクタリングの場合

  • 2社間ファクタリング:10%~30%
  • 3社間ファクタリング:5%~10%

手形割引の場合

  • 銀行:1.5~5.0%
  • 手形割引業者:3.0%~15.0%

上記が一般的な手数料設定です。ですが、両者ともに売掛先や振出人の信用力によって手数料は変動します。

企業への審査対象の違い

先にも述べましたが、手形割引とファクタリングでは取引方法に違いがあります。手形割引の場合、融資という形を取るため、銀行や手形割引業者の審査がファクタリングより審査が厳しいです。

  • 赤字決算
  • 債務超過
  • 起業間もない
  • 税金未納

他にも企業の評判など、改善を要する箇所が多い状態では、手形割引の審査が通らない可能性があります。

ファクタリングで不渡りと黒字倒産を回避できる?

黒字倒産とは、帳簿上売り上げが原価を上回っているにも関わらず、手元の現金が足りず、運転資金が不足して倒産してしまうことをいいます。これは、売掛金入金のタイミングに原因があります。掛売りでは、支払い時期が納品後の翌月や翌々月となるため、入金までに時間差が生じるのです。

帳簿上、売り上げが上がっていても実際にお金は手元になく、金繰りに行き詰まり倒産してしまうのです。このような状況に陥らないための方法が、ファクタリングなのです。

不渡り防止のためのノンリコース

売掛金は多額にあっても、取引先に不渡りを出されてしまうと資金繰りが悪化します。売掛先が倒産しそうという場合でも、ファクタリングによって売掛金を現金化することができます。このようなリスクヘッジにもファクタリングは有効です。

その理由は、ファクタリングには償還請求権が無いという特徴があるためです。
償還請求権とは、遡って請求する権利のことで、ファクタリングでの譲渡後は、売掛先が倒産したとしてもそのことによって支払いを求められません。

つなぎ資金で黒字倒産を回避

ファクタリングで、つなぎ資産を作れば黒字倒産は回避できます。仮に売掛先の1つが倒産しても、事前に売掛債権を前に売掛債権をファクタリングしておけば安心です。

ファクタリングは不渡りと審査を回避する資金調達の方法

ファクタリングを利用すると、売掛債権を早期に資金化することが可能になります。
売掛先からの入金を待っている間に、緊急な資金が必要となった時に便利な資金調達方法です。ファクタリングを活用すれば緊急な支払いのための資金調達が可能です。

ファクタリングには不渡りがなく、また審査も金融機関の融資に比べると緩くなっています。黒字倒産を起こさないためにも、うまくファクタリングを利用して資金調達をしていくことをオススメします。