手形割引とファクタリングの違いとは?不渡りと審査のリスクを回避できるファクタリング

手形割引とファクタリングの違いとは?不渡りと審査のリスクを回避できるファクタリング ファクタリングの基礎情報

事業を回転させるための資金調達としてファクタリングを利用する際、類似する金策に「手形割引」が存在します。

しかし、ファクタリングと手形割引には大きな差があり、その違いを知ることで金策の選択肢を増やせます。

ファクタリングと手形割引の違いを知り、自社の財務状況に合わせた資金調達を行なってください。

混同しやすい手形割引とファクタリング

混同しやすい手形割引とファクタリング

手形割引とファクタリングは混同されやすい金策です。売掛金を早期に現金化できるという点では同じ意味を持ちます。どちらも資金繰りを改善し、長期的な資金計画を立てやすくする事が目的です。

手形割引とファクタリングには、リスク面やサービス内容などに明確な違いがあります。自社財務状況の状態を判断して使い分ける事も時として重要なのです。

手形は期日に支払う証明

【手形】と一言でいっても、その種類は様々なものがあります。

  • 通行手形(関所手形)
  • 切符手形(切手)
  • 約束手形
  • 為替手形

この他にも様々な手形があり、普段から使っている切手も手形の1つに分類されます。商取引に使われる手形が【約束手形】と【為替手形】です。

約束手形や為替手形は、商品やサービスの納入企業が代金を一定期間の後に支払う事を約束して発行する有価証券を指します。

  • 納入企業が支払企業に対して、商品やサービスを提供
  • 納入企業が支払企業に対して、代金の請求書を発行
  • 請求書の期日に支払企業が納入企業の指定口座へ入金

このような流れで、手形による商取引が行われるのです。

掛け売りが発生した際【期限内に支払いを完了させます】という約束の証として用いられるのが手形になります。

手形割引がもたらす影響

手形割引で企業に与える影響にはメリットとデメリットがあります。

【メリット】

  • 早急に資金調達が可能
  • 融資に比べると審査が甘い
  • 手数料が安価

【デメリット】

  • 振出先が支払不能になると買い戻し義務が発生する
  • 手数料が発生する
  • 手形を持っていなければ使えない

手形割引は資金難である事を公表しているようなものである為、風評被害的なリスクも抱えている事を頭に入れておくことが必要です。

ファクタリングとは売掛債権を売却して資金化する金策

ファクタリングは未回収の売掛金に対するリスクヘッジや、流動資産を得る為に有効な金策です。ファクタリング会社によっては即日資金化も可能なところもあり、スピーディーに資金調達できるというメリットもあります。

日本では先に商品やサービスを提供し、後から代金の回収をする掛取引が一般的です。
しかし、こうした掛取引にはリスクも存在します。

  • 売掛金の入金が遅れた場合、黒字倒産のリスクが高まる
  • 売掛先の倒産などにより売掛債権が回収できなくなる

ファクタリングを使えば、売掛先の経営状況が悪化した場合に売掛債権に保険をかけられます。未回収のままの売掛金を売却して運転資金として利用する事もできるのです。

ファクタリングがもたらす影響

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類の取引方法があります。

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社から売掛先に売掛債権の事実を知られる可能性が低い取引方法です。

取引関係に悪影響を与えずに済むのがメリットのファクタリングです。ファクタリング会社に支払う手数料が高くなるデメリットが発生します。

3社間ファクタリングは、売掛先に売掛債権譲渡通知が必須です。

場合によっては取引先に資金難と取られてしまい、ネガティブなイメージを持たれてしまう可能性もあります。

3社間ファクタリングを行う時には売掛先との関係性の強化が必須だという事を覚えておいてください。

参照 2社間ファクタリング

 

参照 3社間ファクタリング

 

手形とファクタリングの違いは何?

手形とファクタリングの違いは何?

手形割引とファクタリングは様々な点で酷似しています。どちらも共通点は【早急な資金調達】いう目的で行なう事です。

手形割引とファクタリングは【約束手形】と【売掛金】という違いがありますが、入金日よりも前に資金化するという共通の目的があります。

しかし、目的は同じでも特徴や仕組みについては大きな違いがあるのです。

貸し倒れリスクを受ける先の違い

手形割引とファクタリングの最も大きな違いは【不渡りを起こすリスクの有無】です。

その明確な違いは【売掛金が回収できない場合の責任の所在】です。

  • 手形割引は約束手形を発行した会社→ファクタリングでいう売掛元
  • ファクタリングは売掛金の債務を負っている会社→売掛先

売掛先が経営破綻した場合、手形割引は約束手形を発行した【売掛元に返済義務】が生じます。ファクタリングでは譲渡した相手、つまり【ファクタリング会社が損害を被る】事になるのです。

これには手形とファクタリングの本質的な違いが関係しています。

  • 手形割引=融資
  • ファクタリング=売買

融資と売却という資金化までの過程が異なることで、リスクを受ける先に違いが生まれるのです。

ファクタリングで良く耳にするのが【ノンリコース=償還請求権無し】という言葉です。償還請求権はまさに手形割引にあってファクタリングにないものを指します。ファクタリングのほとんどは、ノンリコース契約がメインです。

売掛債権をファクタリング会社へ譲渡し、万が一売掛金が入金されなくてもファクタリングで得た資金の返還は求められません。償還請求権無しという条件はファクタリング会社によって決められている為、中には償還請求権有りの契約しかできない所もあります。

ファクタリングによる資金調達を検討しているならば【償還請求権の有無】についてもチェックしてください。

参照 償還請求権とは

 

資金化する為のコストの違い

資金化する為のコストは、手形割引の方が安く設定されています。ファクタリングは売掛金のリスクヘッジができる分、破綻などのリスクに備えて手数料を高く設定しているのです。

貸し倒れリスクが高い2社間ファクタリングの方が手数料も高く設定されています。

【ファクタリングの場合】

2社間ファクタリング:10%~30%
3社間ファクタリング:5%~10%

【手形割引の場合】

銀行:1.5~5.0%
手形割引業者:3.0%~15.0%

手形割引は、売掛先が破綻しても返済義務があるのは売掛元(融資先)です。その為、資金提供元にリスクは生じない為、利率も低く設定されています。

企業への審査対象の違い

資金化を申し込んだ際の審査対象にも違いがあります。手形割引は融資である為、申し込んだ企業の財務状況が厳しく審査されます。

  • 赤字決算
  • 債務超過
  • 起業間もない
  • 税金未納

これらの財務上の問題を抱えていると、ほぼ審査に通りません。

ファクタリングは、売掛金の入金が確実である事が最も重要で、資金調達をする企業の財務状況は審査対象にならないのです。財務状況が悪い企業の場合は手形割引よりもファクタリングの方が資金化しやすいといえます。

参照 ファクタリングの審査

 

ファクタリングで黒字倒産を回避できる

黒字倒産とは、帳簿上黒字であるにも関わらず、手持ちの資金不足が原因で倒産する事です。

掛売りでは、支払い時期が納品後の翌月や翌々月となる為、入金までにタイムラグが生じます。こうした入金サイクルによる財務状況悪化を防いでくれるのがファクタリングなのです。

手形割引の場合は「融資=借金」である為、将来的な負債になります。しかも、不渡りリスクも抱えている為、売掛先の経営状況によっては連鎖倒産する可能性もあるのです。

手形割引とファクタリングの違いを理解し効率的な資金調達をしよう

手形割引もファクタリングも資金調達という目的では同じ金策です。それぞれのメリットやデメリット、特徴や仕組みを理解する事でより効率的な資金調達を可能にします。

リスクヘッジという面はもちろん、売掛先との信頼関係など資金調達で考慮すべき項目は多いです。それぞれの金策の違いを理解し、双方がWIN-WINになるような資金調達方法を選択してください。

タイトルとURLをコピーしました