採石業の資金繰りにファクタリングが有効な理由

採石業の資金繰りにファクタリングが有効な理由 ファクタリングの基礎情報

採石業とは採石法で定められた、岩石の採取を目的とする事業です。コンクリートの原材料にもなる「砕骨材採取業」と墓石などに使われる「石材採取業」、そしてベントナイトなどを採取する「工業用減量採取業」の3つに分かれます。

どの業種も建築業や製造業などに関わりが深く、日本の経済を支えてきた業種です。しかし、近年では資金繰りの悪化や担い手不足などの問題から、倒産や閉業する会社が多くなってきました。

ファクタリングは資金繰りを改善できる金融工学です。融資と違って借金にならない資金調達方法であるため、資金力に不安のある中小企業の利用者が年々増加しています。採石業にファクタリングがいかに有効なのか解説します。

採石業の資金繰りに直結する問題点

毎年決算期に日本銀行が発表している「日本銀行 短観」を基に、採石業が抱える資金繰り悪化の原因をまとめました。

需要と供給のアンバランス

2019年12月に発表されたデータによると、大企業・中堅企業・中小企業ともに「需要超過-供給超過」のポイントが8.0%上昇しました。しかし、在庫不足を示す「製商品在庫水準」はマイナス15.0%と不足感を持っています。

つまり、仕事(需要)はあるのに対応しきれていない(供給できていない)という状況が現在の採石業なのです。要因として従業員数不足(担い手不足)と仕入れ価格の上昇が挙げられます。

従業員数の不足

雇用人員指数は毎期ごとに下がっており、大企業でマイナス33.0%、中堅企業でマイナス17.0%、中小企業でマイナス21.0%が現状です。従業員不足は、在籍従業員のコスト増(残業など)にもつながります。

2015年の年収統計によると採石業の平均年収(2015年度)は513万7,400円です。しかし年齢別で見ると、将来の担い手である10代~20代が250万~450万円、働き盛りの30代~40代が470万円~500万と賃金の上昇率が低いことが分かります。

年収の上昇率は離職率の上昇にもつながり、ひいては従業員不足にも直結する重要なポイントです。需要はあるのに供給できない状況を生み出している原因にもなり、人で不足が結果的に資金繰りを悪化させているのです。

仕入れ価格の上昇

販売価格指数はプラス15.0%と上昇傾向にありますが、仕入れ価格も比例して上昇しています。大企業の仕入れ価格は横ばいですが、中堅企業と中小企業は25.0%~21.0%プラスになっていました。

大きなロットで購入できる大企業はそれほど影響がありません。しかし中堅企業以下は資金繰りの問題から、小ロットの仕入れを余儀なくされてしまい、原価率が割高になってしまうのです。

ファクタリングで問題点を改善

採石業の問題点は、ファクタリングで改善する可能性が高いです。売掛債権を第3者に売却して資金を調達するのがファクタリングです。採石業の問題点を改善可能なファクタリングのメリットとはなんなのでしょうか。

チャンスロスがなくなる

売掛債権が手元にあったとしても、その債権で仕入れはできません。採石業は多くの業界と結びついているため、仕入れができなければ売上を逃す「チャンスロス」になってしまいます。

ファクタリングは売掛債権を資金化できる金融工学です。業界ごとに必要な仕入れをするためには、常に仕入れ用の資金が必要になります。ファクタリングで仕入れ資金の不安が無くなれば、安定した売上を確保できるのです。

人件費問題と設備投資を一緒に改善する

人件費の高騰は新たに雇用を増やすだけでは解決しません。雇用した新入社員の教育や研修費用など、様々な部分で人的コストを圧迫します。また、設備投資も重要です。特に採石業は扱う商品が「石」であるため、機械が故障しやすいという問題もあります。故障は営業そのものに関わってきますし、人件費の高騰にもつながってしまうのです。

ファクタリングで得た資金を使って設備投資ができれば、人件費問題も解決する可能性が高いです。最新の機械を導入すれば、これまで手動だった仕事が自動化され、人件費コストの削減につながります。

注意点と活用方法

採石業が抱えている問題を解決できる「ファクタリング」は、利用する際にいくつかの注意点があります。ファクタリングの基本的な仕組みを踏まえつつ、注意点と効果的な活用方法を解説します。

取引金額が大きいからこそこまめな取引先管理を行う

採石業は多くの業界に必要とされています。製造業や建設業など、売掛債権額が大きくなりやすいのも特徴の1つです。1社ごとの取引金額が高額だからこそ、ファクタリングすべき債権とそうでない債権をきちんと管理しなくてはいけません。

ファクタリングは慈善事業ではないため、利用の際には手数料が発生します。手数料は取引方法によっても異なります。ファクタリングの主な取引方法には2社間と3社間があります。

  • 2社間…利用者(売掛元)とファクタリング業者の2者間で契約される方法。申込から入金までのスピードが比較的早い。手数料は売掛債権総額の10%~30%
  • 3社間…利用者とファクタリング会社、取引先の3者間で契約される方法。取引先も交渉のテーブルに付かなければならないため、申込から入金まで時間がかかる場合もある。手数料は売掛債権総額の5%~15%

そもそもファクタリングの手数料には、上限を決める法律がありません。融資ではないため貸金業法が適用されないのです。手数料はファクタリング会社同士の「相場」によって決まります。売掛債権総額が高額になりやすい採石業は、ファクタリング会社の手数料がなるべく安い所を選ぶべきです。

参照 ファクタリングの手数料の相場 相見積もりと交渉がポイント

 

売掛債権を細分化できる採石業の強みを生かす

採石業の強みは他の業界からの需要が高いことです。需要が高ければ、取引先も増えますし、売掛債権件数も比例して多くなります。

ファクタリングは会社によって売掛債権の一部買取りを行っています。しかし、犯罪行為である二重譲渡のリスクもあるため、なるべくは債権の全てを資金化した方が確実です。

売掛債権を細分化できる採石業は、ファクタリングによる資金調達向きの業界です。必要な資金額に近い債権をそのまま売却譲渡してしまえば、二重譲渡のような知らないうちに犯罪行為になる危険性も低くなります。

ファクタリングは、チャンスロスを減らして、確実に利益を確保できる金融工学なのです。

ファクタリングで安定した資金運用ができる

採石業の強みを生かした資金運用ができるファクタリング。銀行やノンバンクの金融会社では、売掛債権担保融資のような商品もありますが、結局は借金です。利息が発生しますし、融資に頼り切りではいずれ破綻します。

ファクタリングを使って、つなぎ資金やチャンスロスを回避する資金繰りができれば、借金が少ない安定的な事業運営が可能です。資金繰りで困っている採石業の方は、まずファクタリングを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました