製造業がファクタリング利用を本格的に利用している理由

製造業がファクタリング利用を本格的に運用している理由 ファクタリングの基礎情報

日本の産業を支えている製造業の多くは中小零細企業がほとんどです。下請として仕事をする企業も多く、親業者との関係性が重要な業界といえます。ファクタリングは売掛債権を早期資金化できる金融工学です。手形が発行できない赤字企業において、売掛取引は重要な資産です。

しかし、親業者との関係性を重視するあまり、売掛債権を活用した資金調達方法はあまり取られていません。

近年、ファクタリングの認知度が上がり、利用者は右肩上がりに増えています。特に利用者が多い業界が「製造業」です。製造業は下請にもなりますし、買掛をする立場でもあります。売掛債権を運営資金として活用できるファクタリングは、まさに製造業にピッタリの金融工学なのです。

今までの製造業における資金調達方法とは?

今までの製造業における資金調達方法とは?

製造業が現在まで行ってきた主な資金調達方法には、どんなものがあるのでしょうか。ここでは、製造業の主な資金調達方法のメリットとデメリットをまとめていきます。

手形割引

手形とは、売掛債権のような「商品やサービスの代金を一定期間後に支払うことを約束して発行する有価証券」です。手形を使った資金調達方法が「手形割引」です。手形割引では期日前に手形を「受取人」に譲渡して資金を調達します。

売掛債権を第三者に売却譲渡して資金調達を行う「ファクタリング」と同じような仕組みです。大きく異なるのは「利用者の与信力」が問われるという点です。また、第三者も銀行や手形割引業者と、ある程度限定されています。

手形割引のメリットで挙げられるのは、ファクタリングと比べて手数料が安いことです。受取人にもよりますが、銀行系であれば手形総額の1.5%~5.5%が相場になります。一方のデメリットは2つです。

  • 利用者の審査が必要(与信力の審査)
  • 償還請求権がある

与信力については既出ですので割愛します。償還請求権とは、取引先から売上が入金されなかった場合、手形割引で入手した資金を返さなくてはいけない権利です。ファクタリングにも償還請求権ありの取引はありますが、ほとんどが償還請求権なしの取引です。償還請求権なしのファクタリングは、手形割引に比べて利用しやすい金策といえます。

参照 手形割引とファクタリングの違い

 

融資

与信力を担保にして、銀行などの金融機関から資金を「借りる」のが融資です。審査が必須なので、融資を受けるためには赤字などがない「綺麗」な帳簿が必要になります。

メリットは「大口の資金調達が可能」な点です。数億円規模の融資も可能な場合があります。対してデメリットは、やはり「審査が厳しい」という点です。赤字決算や税金の滞納などがある場合、ほぼ審査に通りません。

ファクタリングであれば、例え申込者が赤字でも、売掛金が確実に入金されれば良いので、融資に比べて審査が緩いです。

売掛債権担保融資

ファクタリングと同じ、売掛債権を使った資金調達方法です。売掛債権を担保にして融資を受けます。融資とはいうものの、売掛債権額を超える金額は借りられません。

メリットは、審査が他の担保融資に比べて緩い点です。利用者(申込者)の財務状況ではなく、取引先の財務状況を審査されます。取引先が大企業であれば、ほぼ確実に融資が決定します。

デメリットは「融資」である点です。資金調達はしやすいですが、将来的な借金になるため中長期のような長いスパンで見ると使いづらい金策といえます。

参照 売掛債権担保融資とは?

 

製造業にピッタリなファクタリング

製造業の資金調達にピッタリなのが「ファクタリング」です。売掛債権を支払い期日前に資金化できる上、融資と違って将来的な借金にもなりません。なぜファクタリングが製造業にピッタリの資金調達方法なのかと、メリットデメリットについて解説します。

製造業にファクタリングが有効な理由

製造業のほとんどは大企業や中堅企業の「下請」です。その企業だけで製品を完成と販売ができない場合が多いのです。下請だけではなく、孫請けやひ孫請けなど、自社が取引先であり、売掛元であるケースも少なくありません。

製造業の資金繰りにファクタリングが有効な理由は「仕事の発生=買掛、売掛が常に発生する」という点です。孫請けがいる下請製造業の営業フローと買掛金、売掛金の発生フローを見比べてみます。

  1. 原材料の仕入れ…買掛金の発生(原材料の仕入れ先が売掛元)
  2. 外注先への発注…買掛金の発生(外注先が売掛元)
  3. 製品の製造
  4. 製品の納品…売掛金の発生(取引先が売掛先)
  5. 売掛金の回収
  6. 買掛金の支払い

細かい部品を外注している場合、原材料を購入している業者と外注先に買掛金が発生します。製品を製造・納品して初めて売掛金が発生します。取引先からの入金が期日通りにされれば問題ありません。

万が一支払いが遅れてしまったり、取引先が倒産してしまうと、原材料仕入れ業者や外注先へ支払うべき買掛金が支払えなくなるのです。下請や孫請けなどを巻き込んだ「連鎖倒産」につながってしまいます。

製造業は製造工程を複数社でまかなう業界です。ねじ1本にしても大きなパーツ1つにしても、色々な外注先の手で作られています。

ファクタリングは、売掛債権を期日前に資金化できる金策です。借金にもなりませんし、償還請求権なしの取引も可能です。取引先からの支払い遅延や倒産が起こったとしても、損害をかぶるのは、債権を譲渡したファクタリング会社になります。

だからこそ、連鎖倒産を防げるファクタリングは、製造業にピッタリの資金調達方法なのです。

製造業に覚えておいてほしいファクタリングのメリットとデメリット

製造業がファクタリングを活用する上で、知っておいてほしいメリットとデメリットがあります。

メリット

売掛金の支払い期日前に資金を調達できる…売掛金が発生した段階で資金化が可能なので、外注先や原材料仕入れ業者などへの支払いが迅速に行えます。

売掛金の回収不能リスクを移行できる…取引先の倒産など、売掛金の回収ができないリスクをファクタリング会社へ移行できます。

デメリット

手数料が発生する…売掛債権の数%を手数料として支払うため、利益が目減りします。

売掛債権譲渡通知が必要…売掛債権を第三者であるファクタリング会社に譲渡する際には、通知が必要な場合があります。ファクタリング会社から債権譲渡登記を求められた際と、売掛債権に債権譲渡禁止特約が付帯している場合は、取引先に債権譲渡をするという通知が求めらるのです。

債権譲渡通知で取引先からネガティブな影響を受ける可能性がある…売掛債権を売却譲渡する程、資金に困っているのかという懸念を与えてしまいます。最悪の場合、取引量の縮小や取引の停止につながる可能性があります。

製造業を苦しめる下請いじめの実態

製造業を苦しめる下請いじめの実態

ファクタリング向きの業界である製造業ですが、そこには「下請いじめ」という実態がありました。下請法を踏まえて、ファクタリングがどのように作用するのかについてまとめました。

下請いじめはリアルに起きている

下請法とは、正式名称を「下請代金支払遅延等防止法」といいます。親事業者から下請企業を守るための法律です。内容は主に親事業者に対しての「義務」と「禁止事項」が細かく定められており、違反した場合は、厳しい行政処分が行われます。

下請法違反をチェックする中小企業庁のアンケートを行った際に「減額」や「買いたたき」そして「不当なやり直し」の項目を挙げる企業が数多くありました。

減額

減額とは、支払い金額の減額を強要する行為です。下請法では、下請業者に責任がない場合、親業者が発注後に代金の減額を禁じています。

買いたたき

買いたたきとは、市場価格に比べて著しく低い下請代金を不当に定めることです。下請業者の「のどから手が出るほど仕事がほしい」という弱みにつけこむ取引方法です。

不当なやり直し

不当なやり直しとは、下請側に非がないのにもかかわらず、無償でやり直しをさせられることです。下請としては親業者のいいなりになるしかなくなってしまいます。そして結果的に契約を切られてしまうなどの悪影響を受けてしまうのです。

製造業の筋肉増強はファクタリングサプリメントが効く!

製造業でファクタリングを活用すれば、安定した資金サイクルを確率できます。つなぎ資金としても活用できますし、回収不能リスクの軽減も可能です。確実に利益を確保して、自社の資金という「筋肉」を増強できるのです。

融資も受けられない、親業者から下請いじめにあっているなど、ネガティブな将来を考える前に、まずはファクタリングを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました