運輸業こそファクタリングで運転資金を調達すべき業界である3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運輸業こそファクタリングで運転資金を調達すべき業界である3つの理由

日本の産業を支えてきた運輸業。ヤマト運輸や佐川急便など、大手と呼ばれている運輸会社の他にも中小企業の業者も多くあります。最近では個人事業主から合同会社へ鞍替えする業者も増えてきました。

中小企業運輸業者の泣き所は「資金繰り」です。事業を運営するための運転資金が確保できずに倒産や解散をする業者も増えているのです。最近ではインターネット通販が多くなり、運輸業の需要が高まっているのにもかかわらず、中東情勢や為替の影響でガソリン価格も高騰しています。

ガソリンの高騰は利益減に直結します。運転資金の確保は運輸業界の命題です。ファクタリングは売掛債権を早期資金化できる金策です。運転資金の確保にもっとも向いている金策として注目を集めています。

運輸業はファクタリングを活用することで、これまで慢性的に抱えてきた問題を解決できる可能性が高いです。運輸業がファクタリングを利用すべき理由について解説していきます。

運輸業がファクタリングを利用すべき3つの理由

運輸業がファクタリングを利用すべき理由は次の3つです。

  • 運輸業界の需要が高まっている
  • ガソリン価格の高騰とテクノロジーの進化
  • 働き方改革による人的コストの上昇

運輸業界の需要が高まっている

冒頭でも述べたように、運輸業界の需要は年々高まっています。個人レベルでは「Uber」をはじめとする宅配サービスも増えてきました。インターネット通販が路面店以上の便利さを持つと分かり、徐々に消費者も経営者も移行しつつあります。

このような時代の流れから、運輸業界は現在の日本にとって大きな需要を持つ成長市場なのです。しかし、不景気の影響を受けている取引先の倒産などによって本来得られるはずの売上が入金されず、連鎖的に倒産や解散をする業者も多くなってきました。

ファクタリングのメリットである「リスクごと売却譲渡できる」は、売掛金の回収不能を恐れる運輸業界にとって、大きなアドバンテージです。運輸業界の隆盛を支えられるファクタリングは運輸業のパートナーといえるのです。

ガソリン価格の高騰とテクノロジーの進化

運輸業で重要なコスト。それは「ガソリン」です。東日本大震災以降、徐々に価格が上昇している現状があります。ガソリン価格が上がったからといって、配送料を挙げることは難しいのです。厳しいコスト管理が求められる一方で、ガソリン価格が高騰したことによって多くの運輸業者が経営難に陥っています。

ガソリンの代替エネルギーとして電気自動車や水素自動車が発売されました。しかし、未だにガソリン車を下回る価格で流通されていないのが現実です。電気や水素で動く配送車を購入したくても、資金不足がそれを許しません。ファクタリングで売掛金を早期資金化することによって、設備投資とコスト削減が可能になるのです。

働き方改革による人的コストの上昇

働き方改革も運輸業に大きな影を落としています。運輸業は、労働時間の制約があって無いような業界です。渋滞や交通事故などに遭遇すると、本来の作業時間を大幅に越えることにもなり人件費がかさんでしまいます。

更に、ドライバー不足問題も顕著です。働き方改革により「ワークライフバランス」が叫ばれる昨今、運輸業界もドライバーの確保が難しいのは運輸業も同じです。人材不足は、既存のドライバーでカバーしなくてはなりません。

しかし、既存のドライバーで営業を続けるにしても、残業代などの経費は自社で負担しなければなりません。残業代が増えれば、人件費の圧迫によって経営そのものを悪化させます。

ファクタリングを活用すれば、取引先からの入金サイクルを調整でき、給与支払いの遅延などが起こりません。設備投資と同じように、ドライバーを「辞めさせない」ようにするためにも資金サイクルの改善は重要なのです。

ファクタリングで運転資金を確保できる

ファクタリングは売掛債権を支払い期日前に資金化できる金策です。売掛取引が多い運輸業では、ガソリン代や人件費などの「運転資金」を確保するために「手形割引」や「銀行融資」に頼らざるを得ないのが現状です。

しかし、手形割引には連鎖倒産の可能性がありますし、銀行融資には審査落ちや融資打ち切りのようなリスクを抱えています。日本政府もゼロ金利などで中小企業の金融不安を払拭しようと試みてはいるものの、大きな成果に繋がっているとは言えないのが現状です。

取引先の倒産や取引規模の縮小や打ち切りなど、暗い将来を生き抜くためには「リスクヘッジ」と「資金繰り」が重要になってきます。ファクタリングのメリットとデメリットを理解し、上手に活用できれば変革を求められている運輸業界を生き抜けるのです。

ファクタリングのメリットと運輸業

運輸業に関わりが深いファクタリングのメリットには次の3つが挙げられます。

  • 資金調達までのスピードが早い
  • 取引先に債権譲渡を知られてもネガティブ要素がほとんどない
  • リスクごと譲渡できる

ファクタリングの申込から審査、入金までを最短で即日もしくは1営業日中というハイスピードで資金調達が可能です。ファクタリング会社にもよりますが、ほとんどの会社は資金調達までのスピードをメリットに挙げています。

資金調達までのスピードが早いということは、突発的な交通事故などにも素早く対応できるということにも繋がります。もちろん、保険などで対応するのが普通ですが保険金の入金までは会社のお金で対応しなくてはいけません。突発的な出費にはファクタリングが有効なのです。

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2通りがあります。2社間取引では、売掛先に債権譲渡の事実を知らせずに資金調達が可能でしたが、その分手数料も高くなります。運輸業の顧客は運輸業がいないと成り立たなくなる場合がほとんどです。

手数料が安い3社間ファクタリングを申し込んでも、取引先からの取引縮小などのネガティブな結果になりにくいメリットがあります。

最も怖いのは、取引先の倒産による売掛債権の回収不能です。償還請求権とは調達した資金の返却を請求できる権利です。手形割引では償還請求権有りが原則であるため、取引先が倒産することで連鎖倒産が起こりやすくなります。ほとんどのファクタリング会社は「償還請求権無し」を前提にした取引を行っています。取引先のリスクごと譲渡できるのもメリットです。

ファクタリングのデメリットと運輸業

ファクタリングは便利な金策ではありますが、デメリットもあります。運輸業に関連するデメリットには

  • 手数料と掛け目がかかる

が挙げられます。手数料とはファクタリング会社の取り分です。債権総額の5%~30%を手数料としてファクタリング会社に支払わなくてはいけません。

掛け目とは担保評価率のことです。ファクタリングは担保融資ではありません。ここでいう掛け目とはファクタリング会社側のリスク軽減のために設定されている「買取割合」を指します。80%~90%程度が掛け目相場になります。

債権の満額を資金化することはできません。そのため、高額な資金が必要になった場合を踏まえて、掛け目や手数料についてはきちんと確認した上で取引を行わなくてはならないのです。

運輸業の資金調達にはファクタリングがオススメ

運輸業の資金調達には、スピーディーに調達できるファクタリングがオススメです。売掛債権担保融資(ABL)や銀行融資など、色々な金策がありますが、最も運輸業の資金繰りに向いているのはファクタリングです。

売掛債権が原因の資金調達の悩みには、まずファクタリングを第一候補として検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。