東信商事は伝統的にファクタリング系のサービスを提供する会社です。会社の設立から長年売掛債権の買い取り事業を展開してきました。その伝統的な部分で高い信頼感を持っている会社であり、現在でも信用してファクタリング系のサービスが受けられます。

基本的に東信商事ではファクタリングというよりABLを採用しています。ABLはファクタリングに近い方法ですが、基本的には融資として扱われています。従って審査等が入りますので慎重に考えて申し込むようにしましょう。

ここでは東信商事について説明するほか、会社の実態についても紹介します。

東信商事の基本情報

  • 買取金額:不明
  • スピード:3営業日~
  • 手数料:6%~
  • 契約形態:2社間・3社間・診療
  • 個人事業:×
  • 設立:大正2年
  • 対応地域:全国
  • 営業時間:9:30~18:30
  • 住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目12番6号 東信商事ビル1階
  • 電話番号:03-3561-9801
  • 運営元:東信商事株式会社
  • サイトURL:https://www.go-toshin.co.jp/

特徴

東信商事は大正2年に創業された伝統的な会社という部分が最大の特徴です。他のファクタリングに関連する業者は平成になってから創業している会社が多くなっていますが、東信商事は大正というかなり昔からサービスを提供しています。そのため信頼性が非常に高く、安心してサービスを利用できます。

ただ、用意されているサービスはファクタリングではなくABLと呼ばれるサービスです。ABLはファクタリングに近いものですが、売掛債権を活用した融資となります。従ってファクタリングのように審査をしなくても買取ができるというわけではなく、審査が必ず入ります。審査対策をしなければ融資を受けられません。

信頼性は高い会社ですが、用意されているサービスはファクタリングと似たようなABLという部分に注意しておきましょう。

買取金額

買取金額について東信商事は詳細を提示していません。仮に東信商事を利用したいと考えている場合は、どれくらいの金額まで対応してくれるのか事前に相談したほうがいいでしょう。

伝統的なサービスを提供している企業ですので、少額すぎる売掛債権などは買取していない可能性があります。少額の買取を希望する場合はしっかり相談したほうがいいでしょう。

スピード

東信商事が提供しているサービスはABLと呼ばれるもので、ファクタリングのようにスムーズな買取ができるわけではありません。ファクタリングは即日での買取が可能となっていますが、東信商事が提供するサービスは最低でも3営業日程度はかかってしまいます。

一番の理由は審査がかかわっている点です。審査の影響で買取までにかかる時間が少し長くなっており、すぐに資金調達ができないのです。早く資金調達を希望している方は考えたいところですが、その分信頼性は高くなっています。

契約形態

契約形態は2社間と3社間、更には診療報酬に関連するサービスにも対応しています。ABLはファクタリングに近いサービスですので、2社間や3社間でのサービスが用意されています。どちらを選んだほうがいいのか慎重に考えておきましょう。また、手数料も同様に変わっていくのでしっかり確認したほうが安心です。

契約形態が豊富に用意されているのは、買取サービスを利用しやすい部分に繋がっているのです。

個人事業

残念ながら個人事業には対応していません。ABLは企業向けに提供されているサービスですので、個人事業では利用できません。個人事業で利用したいと考えているなら、まずは企業として認められなければなりません。

数人程度の企業として仕事をしている場合は、東信商事が問題なしと判断して買取サービスを認めてくれる場合があります。とにかく企業という形で認めてもらう必要があるのです。

対応地域

一応全国規模で対応している企業です。買取に関連する申込などは電話等で受け付けているので、比較的簡単に地方の企業でも買取が期待できます。また、買取サービスの問い合わせ等も電話やメール等で可能になっていますので、色々な地域で東信商事を利用できるのです。

書類等の送付がなければ買取サービスは最終的に認められませんが、送付の方法も多数用意しているので安心して地方でも利用できます。

会社所在

東京でサービスを提供しています。東信商事は自社でビルを保有しているほどの実績を持っている企業ですので、信頼感はとても高いでしょう。また東京都に本社が存在しても、基本的に様々な地域へサービスを提供できるので安心してください。

自社のビルを持つファクタリングの関連業者は非常に少ないため、とても企業としての規模が大きいと言えるでしょう。