ファクタリングは名古屋の中小企業を救う資金調達方法の1つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
債権法改正によって受ける影響

ファクタリングは支払期日前の売掛債権を「経営資金」として現金化できる金融サービスです。売掛金で手元に現金が無くても、ファクタリングを行なえば最短即日での資金調達が可能です。

名古屋は製造業が産業の中核を担っています。中小企業は大企業の下請や孫請であることがほとんどです。売掛取引による資金繰りは基本的にスムーズに回ってはいるものの、昨今の為替事情や輸入関連の問題で徐々に取引額が縮小しているのも事実です。

名古屋の産業は製造業だけではありません。観光資源が豊富な名古屋圏は小売業やサービス業も盛んです。インバウンド消費などもありますが、企業によっては売掛取引を発端にした倒産が相次いでいます。

ファクタリングで売掛債権を早期資金化し、自社の資金繰りを改善させてください。名古屋が元気になれば日本が元気になるのです。

名古屋圏産業の現状と課題

名古屋圏の産業は製造業の他にも小売業やサービス業が発展しています。2018年に名古屋市市民経済局が発行した「産業の名古屋」によると、全体的に景気動向は上向きで推移しています。

しかし、将来2030年までには懸念されるいくつかの原因が存在しているのです。最近では「南海トラフ地震への懸念」や「グローバル化への懸念」などが注目されていますが、特に懸念されている課題は

  • 生産年齢人口の減少
  • リニア中央新幹線開業への対応

この2点です。

生産年齢人口の減少

名古屋市に限った話ではありませんが、少子化が大都市名古屋にも影響を与えています。高齢者が増え、生産年齢人口が減少するのは間違いありません。

生産年齢人口が産業に与える影響として「担い手不足」が挙げられます。製造業は特に大きな問題になります。技術が必要な製造業では生産年齢人口減少対策として「設備投資」が急務です。設備投資を行なってオートメーション化を推進しないと、技術を伝えるどころか会社の経営そのものも立ち行かなくなってしまいます。

設備投資をするためには資金が必要です。資金繰りが悪い中小企業は銀行融資などを申し込んでも赤字経営などの影響により、審査通過が難しくなります。会社を存続させて社会貢献をするための融資であったとしても、現状の財務状況で融資の是非が決まるのです。

赤字経営の会社は設備投資もできないまま、真綿で首を締められるように潰れていくのです。

リニア中央新幹線開業への対応

2027年にリニア中央新幹線の東京名古屋間が開業予定です。2045年の東京大阪間の全線開業までの18年間は、名古屋駅が暫定的な終着点になります。新幹線で1時間40分程度かかっていた東京名古屋間が約40分で結ばれるのです。

経済的にもポジティブな影響を与えると予測されていますが、一方で首都圏に人口や消費活動が吸い取られるストロー現象も懸念されています。ストロー現象は消費活動だけに影響がある訳ではありません。先ほどの懸念材料である生産年齢人口の減少にもつながります。

名古屋の自宅から毎日首都圏へ通勤する人も増えるかも知れません。せっかくの生産年齢人口が首都圏に流出するのを防ぐためにも、名古屋の中小企業は資金力をつけなくてはならないのです。

ファクタリングが名古屋経済に与える影響

ファクタリングは売掛債権を売却して資金を調達する金融サービスです。融資と違い、借金にもなりませんし、必要なタイミングで即時調達も可能なメリットがあります。ファクタリングが名古屋経済に与える影響として

  • 中小企業の資金繰りの改善
  • 赤字経営からの脱却と貸し渋りの解消

が挙げられます。どのような流れで好影響を生み出すのが見ていきましょう。

中小企業の資金繰りの改善

中小企業の資金繰りは「売掛取引」や「手形」に依存しがちです。支払遅延が起こったり取引先の倒産などで不渡りになったりすると、たちまち資金繰りが悪化してしまいます。

名古屋圏内の元請企業は大企業であるケースが多いですが、自社が孫請やひ孫請企業の場合、親会社である下請企業が倒産してしまい連鎖的に倒産する可能性もあります。こうした連鎖倒産を防げるのがファクタリングです。

ファクタリングは「償還請求権無し」での取引が一般的です。償還請求権とは、取引先が倒産して債権が不渡りになった場合、ファクタリングで資金調達をした企業に対して資金の返却を求められる権利を指します。

ファクタリングで債権を譲渡することで、不渡りになるリスクをゼロにできます。リスクが無い分、調達した資金を経費の支払いに回せたり、設備投資の一部に活用したりできるのです。結果的に資金繰りの改善につながります。

赤字経営からの脱却

ファクタリングは赤字経営の企業でも資金調達が可能な金融サービスです。債権を買取る立場であるファクタリング会社としては、売掛金が支払日に確実に入金されることが証明できれば問題無いのです。

赤字経営の場合、融資申込をしても審査通過はかなり低くなります。しかし、高額な設備投資に融資は必要不可欠です。自社の財務状況を改善することで、高額な融資を受けることも可能になるのです。

ファクタリングの基本を理解しないと有効活用はできない

ファクタリングは「売掛債権を売却して資金を調達する」ことが基本です。一見シンプルな金融サービスに見えますが、実際にはデメリットもあります。メリットとデメリット両方を理解して、必要なタイミングで利用することがファクタリングの有効活用に繋がるのです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングの主なメリットは次の4つです。

  • 即日資金化可能
  • 借金にならない
  • 赤字経営でも審査通過率が高い
  • 不渡りリスクごと譲渡できる

先ほど「赤字経営でも審査通過率が高い」と「不渡りリスクごと譲渡できる」は概要をお話しましたので、残りの2点をそれぞれ簡単に解説します。

即日資金化可能

ファクタリング会社にもよりますが、申し込んだ当日中に資金化が可能です。企業の資金運用で最も重要なタイミングは「重要で緊急な状況」です。

例えば、営業に支障をきたすような機械の故障や従業員が損害賠償が発生する事故を起こした場合などが挙げられます。どちらも「重要で緊急な状況」であることは間違いありません。

保険などもありますが、すぐにお金が手に入ることはありません。色々な手続きを経てから入金されることがほとんどです。手元に資金が無くて、修理や賠償金の支払いができないという場合は、ファクタリングを活用して素早く資金調達をして対応してください。

借金にはならない

ファクタリングは「債権の売却」によって資金を調達します。対して融資は「資金を借りる」つまり「借金」です。売却による資金と借金では、企業の負担も大きく異なります。

融資の場合は毎月の返済が必要ですし、利息も発生します。1回の取引で資金調達が可能になるため、資金力の無い中小企業にとっては資金計画が立てやすい金融サービスなのです。

ファクタリングのデメリット

売掛債権を資金化できるファクタリングは、一見すると便利な金融サービスに見えますが、デメリットもあります。主なデメリットは次の3つです。

  • 手数料が発生する
  • 債権総額の満額を資金化できない
  • 悪徳業者が存在している

それぞれのデメリットを簡単に説明していきます。

手数料が発生する

ファクタリングに利息はありませんが、売掛債権総額に対する手数料が発生します。手数料は取引方法によって異なります。申込企業とファクタリング会社で交わされる取引を「2社間ファクタリング」です。2社間ファクタリングに取引先を加えると「3社間ファクタリング」になります。

2社間と3社間では手数料が異なります。

  • 2社間…10%~30%
  • 3社間…5%~15%

仮に1000万円の債権を2社間30%の手数料でファクタリングすると、手数料として300万円をファクタリング会社に支払わなければならないのです。手数料の上限は貸金業法のように法律で決められていないこともデメリットです。

手数料%の上限値は「各ファクタリング会社の相場」で決められています。しかし、あくまでも相場なので30%を超えた手数料を請求されても法的には問題ないのです。ファクタリング会社選びの際には、手数料を〇%~△%と明記してある所を選んでください。

手数料について更に詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。
参照 【ファクタリングの手数料は交渉次第で下がることも 積極的に交渉と相見積もりを】

 

債権総額の満額を資金化できない

ファクタリングには手数料の他に「掛け目」があります。掛け目とは本来、不動産担保などの「担保評価率」で使われている言葉です。掛け目70%であれば、残りの30%は「掛け目留保金」としてファクタリング会社に預けなくてはなりません。

ただし、多くのファクタリング初心者が勘違いしているのは「手数料」+「掛け目」と認識している点です。ファクタリングにおける掛け目は、不渡りになった際の保険としての意味合いが強いです。そのため、支払い期日に売掛金が入金されれば、すぐに返却されます。

また、手数料は掛け目留保金から差し引かれます。つまり、手数料の支払いは売掛金の入金日に行なわれるということです。ファクタリングで契約が成立した段階では「売掛債権総額-掛け目留保金」の金額が入金されます。

自社に必要な金額を計算の上、ファクタリング会社へ申込をしてください。

掛け目について更に詳しく知りたい方はこちらの近らうをお読みください。
参照 【ファクタリングの掛け目は手数料じゃない?勘違いすると損!詐欺にあっている可能性大】

 

名古屋の中小企業を元気にするファクタリングの積極活用

ファクタリングは名古屋産業、特に中小企業を元気にする金融サービスです。金融緩和があったとしても、自社の財務状況が赤字のままでは銀行による融資は受けられません。赤字企業でも資金調達が可能なファクタリングで、自社のバランスシートを整えられます。

メリットとデメリットを理解し、適切なタイミングで活用すれば資金繰りの改善が可能です。積極的にファクタリングを行ない、名古屋産業を元気にしてください。

SNSでもご購読できます。