ファクタリングは商人の街大阪で輝く!即日調達で資金繰りを回復させよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中小企業のまち大阪」と呼ばれているのが、日本第2位の経済規模を持つ大阪府です。中小企業の数は日本全国の約7.5%を大阪府内の会社が占めているのです。元気な中小企業が集積しているとはいわれていますが、廃業や倒産の数も多いのが問題になっています。

中小企業が廃業や倒産をする理由の元を辿っていくと「資金繰り」が挙げられます。資金繰りとは、会社の経費や投資に使うための「流動資金」です。手形取引や売掛取引が企業間の支払い方法ではあるものの、取引方法が原因で資金繰りが悪化している現状もあります。

ファクタリングは売掛債権を第3者に売却して資金を調達する方法です。従来の手形割引のような買戻し条項などもなく、融資と違って借金にもなりません。資金を入手するまでの時間も、申し込んだ即日~翌日など、素早く調達できるのもメリットです。

中小企業をさらに元気にするファクタリング。大阪府内の中小企業が抱える経営不安を一蹴できる金融工学なのです。

ファクタリングが大阪の中小企業で輝ける理由

ファクタリングが大阪の中小企業で輝ける理由とは、大阪の中小企業が抱えている課題や不安を解決・解消してくれる金融工学だからです。

会社を運営するためのお金は欲しい。しかし、銀行などに融資を断られ、担保にできる資産もない。手元にあるのは支払期日が来ていない「売掛債権」だけ。

「売掛債権のお金がすぐに手元に入ればええのに…」と考えている経営者の方も少なくありません。事実、中小企業の倒産理由で多いのが「売掛金未回収」による経営悪化や「元請けの倒産」による連鎖倒産などが挙げられます。

ファクタリングは、こうした倒産理由の根本的原因である「売掛債権のデメリット」を解消してくれます。大阪の中小企業が抱えている資金面での課題を解消できる金融工学こそ、ファクタリングなのです。

大阪の中小企業が抱える課題

経営で重要なのは「お金」です。利益も大事ですが、会社を運営するためのお金「運転資金」が無ければ利益を確保することすらできません。

売上が低迷した場合、売上以外から運転資金を調達しなくてはなりません。例えば、銀行融資や不動産担保融資、助成金や手形割引などが今までの資金調達方法でした。しかし、大阪市の銀行貸出残高は、2012年以降伸び悩んでいる状況が続いています。2018年には全国の中小企業に対する銀行貸出残高は7年3ヶ月連続で前年比を超えているのにもかかわらずです。

つまり大阪の銀行は他の都市に比べて、中小企業に対して積極的に融資を行なっていないと判断できます。中小企業の融資ニーズが高いことに対して、銀行側が融資を抑えている状況なのです。

結果的に資金力に乏しい中小企業は設備投資などが行なえず、生産性が低いままでの経営を余儀なくされてしまいます。運転資金が無いという問題は、中小企業のまち大阪にとって大きすぎる問題になっているのです。

経営不安を抱える潜在層の存在

大阪府が平成31年3月に発行した「大阪府における中小企業の事業承継支援の課題と方向性」の資料によると、経営不安を抱えていても事業承継や戦略的M&Aなどの相談に来ない経営者が増えているようです。

全国的に中小企業が抱える問題として、売上の低迷や承継者不足が挙げられます。大阪でも同じように問題が表面化しています。先祖代々の会社をつぶす訳にはいかないと奮闘することも大事ですが、最も重要なのはそこで働く従業員たちです。

資金繰りで困っていても誰にも相談しない。相談しない=行動を起こさないということにも繋がります。事業承継やM&Aなどは会社の方針などもあるため、簡単に相談できないかも知れません。しかし、売掛債権を発端とした資金繰りの悪化は、ファクタリング会社に相談することで解決する場合が多いのです。

参考元 大阪府における中小企業の事業承継支援の課題と方向性

 

経営者年齢が47都道府県イチ若い大阪府の中小企業の廃業・倒産の理由

大阪は中小企業経営者の平均年齢が47都道府県の中で最も若い60.20歳です。経営者の年齢が高いほど、会社の成長への意識が高いというデータが出ています。しかし、それでも廃業や倒産が減らない理由にはどんなことが挙げられるのでしょうか。

帝国データバンク調べによると、事業承継問題以外の廃業・倒産事由は次の3つです。

  • 既往のしわ寄せ
  • 連鎖倒産
  • 売掛金回収困難

それぞれの特徴を簡単にまとめていきます。

既往のしわ寄せ

既往のしわ寄せとは、長期的な業績悪化に気づかないままキャッシュフローが悪化することで起こる倒産事由です。売掛取引は帳簿上で黒字扱いになるため、キャッシュフローが悪化していることに気づきにくいデメリットがあります。

キャッシュフローが悪化すると、資金サイクルが上手く回らなくなり、気が付けば債務超過になって倒産してしまうのです。帳簿上は黒字計上なのに倒産するため「黒字倒産」ともいわれています。

連鎖倒産

中小企業のほとんどは売上の大部分を、元請企業の支払いに頼ってるのが現状です。元請企業の支払いサイクルが変わったり、元請企業そのものが倒産したりすると、入金の見込みが無くなってしまいます。結果的に売上が入金されない下請企業や孫請企業も倒産してしまうのです。

売掛債権も手形も同じような「リスク」を抱えています。連鎖倒産を防ぐためには、こうしたリスクヘッジを行なうことも重要なのです。

売掛金回収難

連鎖倒産にも似ていますが、連鎖倒産は売掛債権そのものが不渡りになってしまうことに対して、売掛金回収難は売掛元の回収意識の低下が招く倒産事由です。企業同士の付き合いなど感情が優先してしまうと、元請企業や取引先企業に回収を促すことができなくなります。

結果的に会社の首を自ら締めることにも繋がり、最終的に倒産してしまうのです。銀行のような金融機関では売掛金回収業務も行なっていますが、サービス利用のためには厳しい審査を受けなくてはなりません。赤字経営など、審査通過にネガティブな状況の場合はサービスそのものを使えなくなってしまうのです。

ファクタリングは即日資金調達OK!大阪の中小企業の課題が解決できる!

大阪の中小企業が廃業・倒産してしまう原因の多くは「資金繰り」です。倒産事由のほとんどが売掛取引に端を発していることが分かりました。

ファクタリングは売掛債権を売却して資金を得る金融工学です。ファクタリングを利用することで、倒産事由の根本的な原因を解決できます。

キャッシュフロー改善で既往のしわ寄せを防ぐ

既往のしわ寄せを防ぐためには、キャッシュフローの改善が必要です。ファクタリングで支払期日前の売掛債権を売却譲渡し、帳簿上だけではなく実際に資金を手に入れられます。

キャッシュフローが改善すれば、どの箇所に無駄な経費を使っているかなどのお金の流れが把握しやすくなります。キャッシュフローが無くなってから慌てて金策探しに行くのではなく、万が一の状態を見越して早めの対策を立てるようにしてください。

リスクヘッジで連鎖倒産を防ぐ

ファクタリングは売掛債権という「権利」を売却譲渡する金融工学です。権利を売却するのですから、取引先が倒産して売掛金を支払ってもらえなかったとしても、ファクタリングで得た資金を返却する必要がありません。こうした債権売却にともなう権利を「償還請求権」といいます。ファクタリングは基本的に買戻し不要な「償還請求権無し」の契約がほとんどです。

ただし、ファクタリング会社によっては売却後の買戻し条項を契約に入れる所もあります。ファクタリング会社選びの際には「償還請求権無し」の契約を行なっている会社を選んでください。ファクタリングは連鎖倒産を防ぐ「リスクヘッジ」になるのです。

売掛金回収代行で回収難とオサラバ!

売掛金の回収業務は時として大変な業務になりがちです。営業で新規顧客を開拓するよりも大変な作業になる可能性もあります。ファクタリングを行なうと、売掛金の回収業務そのものもファクタリング会社に譲渡できます。

取引先が売掛金を支払いを渋ったとしても、ファクタリング会社が回収業務を行なっているため、売掛元はムダな時間や人間関係のストレスを貯めなくても良くなるのです。

ファクタリングのメリットについてさらに詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。
参照 【ファクタリングのメリットとデメリット 優秀な資金調達方法だが注意したいことも】

 

ファクタリングは即日が効果的!

ファクタリングは会社によって、申し込んだ当日中に資金化が可能な所もあります。即日調達ができれば、キャッシュフローが悪化している時に、赤字になるはずだった経費の支払いが発生しても対応できます。

注意すべきは、1つしか持っていない売掛債権を早期資金化した場合、当月の入金時には売上を受け取れないという状況になることです。複数の売掛債権があれば別ですが、資金繰りを取引先1社のみの場合は注意が必要です。

即日資金調達のメリットなどをさらに詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。
参照 【ファクタリングで即日資金調達!1秒でも早く運転資金を手に入れる方法】

 

もうかりまっか?ウハウハでんな~!といえる財務基盤を作るためにもファクタリングを有効活用すべき

ファクタリングで大阪の中小企業の資金繰りは改善できます。お金の回りが良くなればそれだけ離職率も下がり、事業承継に関してもポジティブな効果を生み出せます。

「もうかりまっか~?」という問いに「ぼちぼちでんな~」ではなく「ウハウハでんな~!」と返せるように、ファクタリングを有効活用してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*