一括信託は3社間ファクタリング?仕組みを知り効果的な金策をチョイスしよう

一括信託は3社間ファクタリング?仕組みを知り効果的な金策をチョイスしよう ファクタリングを利用するときに知っておきたいこと

債権の流動化が推進され、様々な債権関連の金融サービスが注目されています。一括信託とは、読んで字のごとく「売掛債権を一括して信用している機関に託す」サービスです。「債務引受決済サービス」とも呼ばれています。

売掛債権を第三者に売却して資金を調達する方法がファクタリングです。売掛元であるサービス利用者とファクタリング会社、売掛先である取引先との3社間、もしくは取引先を含まない2社間で契約される金策です。一括信託は3社間ファクタリングに似ていますが、資金を調達できるフローとしては、両方とも同じアウトプットになります。

では一括信託とファクタリングにはどんな違いがあるのでしょうか。一括信託とファクタリングの違いを学び、自社の資金調達にベストな手段をチョイスしましょう。

信託とはどんな金融サービスなのか?

信託を辞書で引くと次のように解説されています。

  • 信用して任せること。「国民の信託による政治」
  • 他人に財産権の移転などを行い、その者に一定の目的に従って財産の管理・処分をさせること。「遺産の管理運用を銀行に信託する」「信託証書」

引用 goo辞書:「信託」の意味

 

一括信託はその名称の通り、信用している金融機関に有価証券などを一括して託す金融サービスです。一括信託支払や債務引受決済サービスとも呼ばれていますが、信託する金融機関によって内容も異なります。

信託機関で有価証券や売掛債権などを管理するサービス

信託の基本は、自社が持っている有価証券などを信託機関に「全て」管理してもらうことです。委託者と受益者、受託者の3社間で行われる取引になります。委託者と受託者、受益者の定義がこちらです。

  • 委託者(自社or取引先)……財産を預ける(信託する)人。
  • 受託者(信託銀行等)……財産を預かって(信託されて)管理・運用する人。
  • 受益者(取引先or自社)……財産から生じる利益を得る人。

信託の基本的なフローです。

  1. 自分の大切な財産を、信頼できる人に信託し
  2. 受託者は信託された財産を管理・運用し、そこから生まれた利益を
  3. 委託者が指定した人(受益者)に渡します。

受託者である信託機関は、委託者が委託している有価証券などの額面に応じた「信託受益権」を持ちます。これが、ファクタリングでいう「手数料」にあたります。信託できるものは、現金や株式などの有価証券、土地や建物などの不動産、売掛債権などです。

信託の役割と種類

信託が持つ役割と種類は全部で4つです。

  • 資産運用…投資信託や金銭信託など、信託会社が効果的な資産運用を行い、信託された金銭的価値のあるモノを増やしたり、貯めたりすることです。
  • 資産管理…給料から天引きされている企業年金など、倒産してもお金を守るために使われます。
  • 資産承継…自身の後継者に資産を承継させるために必要な手続きを行います。遺産相続なども信託の役割です。
  • 社会貢献…奨学金や災害募金など、社会貢献活動を支援できる信託もあります。

個人法人に関わらず、色々な信託サービスがあります。

法人信託の種類

法人が契約できる信託には色々な種類があります。

  • 顧客分別金信託
  • 担保権信託
  • 株式交付信託
  • 特定金銭信託
  • 受益証券発行信託
  • 証券代行信託
  • 信託型ハイツプラン
  • 資産流動化の信託
  • 有価証券信託

それぞれ信託する有価証券の種類などが異なります。モノが違うだけで、仕組みは委託者と受託者、受益者の3者間で行われる信託契約であることに変わりありません。

ファクタリングとの違いは何?

一括信託とファクタリングは、売掛債権を元に第三者から資金調達を受けるという点は共通しています。違う点は次の2つ。

  • 売却と信託で定義が違う
  • 資金化するタイミングで手数料が違う
  • 利用者と第三者の2社間取引が選択できるファクタリング

売却と信託の違い

ファクタリングは売掛債権の「売却」譲渡です。売却ですので、償還請求権無しの売掛債権に関しては、回収不能リスクもファクタリング会社に譲渡できます。償還請求権有りの場合は、取引先が倒産して売掛金の回収見込みが無くなった際に、ファクタリングで得た資金の返還を求められるのです。

一方で一括信託は売掛債権を譲渡するのではなく「信託」することです。必要なタイミングで必要な分の資金調達(債権額内)ができます。ファクタリングにも、一部売却可能な会社もありますが、ほとんどは「全て売却」がデフォルトです。債権総額が高額であれば、一括ファクタリングの方が、使い勝手が良いでしょう。

資金化するタイミングで手数料が違う

ファクタリングは、債権売却時のみ手数料が発生します。信託では、委託者の指示によって資金化されるタイミング毎に手数料が発生します。また、債権の期日までの日数が短い場合、手数料(利息)が高くなるデメリットを抱えているのです。

信託の資金化を定義すると、売掛債権担保融資に近いです。売却と違って管理手数料や利息が発生します。そのため、債権発生からすぐに資金化する場合、手数料は安くなりますが、満期に近づくほど高額になります。

  • ファクタリング⇒債権の100%を買取り(一部買取りもあるが実施率は低い)
  • 信託⇒債権額内で小出しに資金調達が可能も資金化ごとに手数料が発生する

売掛債権の金額に応じて、ファクタリングと一括信託を使い分けると、利益の最大化が可能になります。

利用者と第三者の2社間取引が選択できるファクタリング

一括信託は委託者と受託者、受益者の3社間で契約しなくては利用できません。ファクタリングも基本的には3社での契約ですが、利用者とファクタリング会社の2社間だけで契約できる方法もあります。

債権譲渡登記が必要な契約では、登記を調べられれば債権譲渡した事実が取引先に知られてしまいます。しかし、原則として2社間契約では、ファクタリング会社から取引先に債権譲渡の事実を通知する義務がありません。取引先に知られることなく、売掛債権を資金化できるのです。

秘密裏に資金化をすると聞くと、後ろめたい感じに聞こえます。しかし、多くの中小企業は取引先にファクタリングの事実を知られたくないという声が多いのです。零細企業を含む中小企業は、大企業の下請である場合がほとんどです。下請から孫請、ひ孫請と、1つの商品を作るために繋がっています。

資金難である事実が、取引先に知られてしまうことで、将来的な取引の縮小などに遭う可能性も高くなるのです。下請法など、色々な法律で守られてはいます。ですが、いまだに下請いじめのような高圧的な取引が行われている事実があります。

この事実こそ、中小企業の信託利用率が上がらない理由なのです。

一括信託の注意点とは?

一括信託は取引先との関係性が良好であれば、使いやすい金融サービスです。しかし、利用する場合には、注意点を踏まえた上で利用を検討してください。

契約内容次第では連鎖倒産する可能性もある

ファクタリングも同様ですが、一括信託の場合はサービス提供をしている信託者の多くは「銀行」がほとんど。銀行は債権の不渡りを事前に防がなくてはならないため、契約内容に「償還請求権有り」や「買い戻し特約」のような保険をかけているケースが多いです。

これは、受益者である取引先が倒産して債権の回収が見込めなくなった際に、信託者へ債権額の支払いを命じられる保険です。せっかく信用して託した債権なのに、不渡りになると分かった瞬間に手のひらを返される状況になります。資金を信託に頼っている場合は、取引先と一緒に「連鎖倒産」する可能性もあるのです。

信託利用の際は、きちんと契約書に目を通し、万が一の場合に備えた契約をしてください。

審査落ちの可能性有り

信託は委託者と受益者両方の審査があります。ファクタリングは売掛債権と取引先の財務状況さえ問題無ければ、資金化は可能です。一括信託の場合は、連鎖倒産や回収不能で不渡りになることを避けるために、厳しい審査が行われるのです。

自社の財務状況や税金未払いなどが無いように、管理されていることも重要になります。

一括信託とファクタリングを使い分けて効率的な資金調達をする

一括信託とファクタリングは似て非なるサービスです。お互いの使い分けをしつつ、効果的な資金調達を行ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました