株式会社ウィットはファクタリング事業以外にもサービスを手掛けている業者です。ファクタリング以外でも活躍しているという部分で信頼性が高く、安心して事業を展開できている業者でもあります。もちろんファクタリングでも小口のサービスを中心に展開している業者です。

ファクタリングでは手数料を極限まで小さくしているほか、面談を実施しないでファクタリングを実施できるように電話だけで資金調達ができるようにしています。面談をしたくないと考えている事業者にとって、簡単にファクタリングができる業者と考えていいでしょう。

ここでは株式会社ウィットについて説明します。

株式会社ウィットの基本情報

買取金額:30~500万円
スピード:即日~
手数料:5%~
契約形態:2社間・3社間
個人事業:〇
設立:2016年
対応地域:全国
営業時間:9:00?18:00
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二山本ビル5階
電話番号:03-6380-2277
運営元:株式会社ウィット
サイトURL:https://witservice.co.jp/
問い合わせフォームURL:https://witservice.co.jp/contact.html

特徴

株式会社ウィットは小口のファクタリングを中心とした業者です。買取価格の上限を500万円までに制限する代わりに、最低買取金額を30万円に設定しています。買取金額の下限が低くなっているのは、個人事業主や少額のファクタリングを希望している会社にとって使いやすいでしょう。

また、電話だけでファクタリングを実施する方針を取っています。面談をしないとファクタリングが実施できない業者と違い、電話による連絡で問題なしと判断されればファクタリングが簡単に実現します。電話だけで手続きが完了するため、短時間でファクタリングを完了させられるメリットもあります。

他にも手数料を抑えられるメリットも持っています。手数料を少しでも減らしたいと考えている時に選択肢に入れられるファクタリング業者です。

買取金額

買取金額は最低額が30万円、最大額が500万円に設定されています。買取金額の下限が低いため、小規模な売掛債権でもファクタリングを実施できるのはいいところでしょう。ただ、買取価格の上限も低いため、高額なファクタリングは利用できません。

個人事業主のように、ファクタリングで出せる売掛債権の価格が低く、なかなかファクタリングができずに困っている時に利用しやすい業者でしょう。

スピード

株式会社ウィットのファクタリングは最短2時間で完了します。電話で連絡を取り合い、問題がないと判断された時点でファクタリングの手続きを実施します。資金調達までに2時間しかかからないのは、すぐに資金を確保したい人にとって安心できるポイントです。

ただ、2時間というのは最短での話で、必要な書類などの不備によりファクタリングにかかる時間が長引く場合もあるので注意してください。

契約形態

ファクタリングの方法は2社間と3社間が存在します。主に利用されているのは2社間の方で、3社間を利用する傾向はあまり多くありません。2社間でも手数料があまり高くない業者ですので、3社間を利用するメリットが薄い部分が影響しているかもしれません。

2社間は個人事業主でも使えますので、気軽に2社間のファクタリングを実施して資金調達ができる良さのある業者です。

個人事業

株式会社ウィットは個人事業主でも利用できる貴重なファクタリング業者です。ファクタリング業者の中には個人事業主では使えないよう制限していますが、株式会社ウィットは個人事業主を歓迎している業者ですので安心して利用できるでしょう。

元々個人事業主を助けたいという方向性を持っている業者としてサービスを提供しているほか、ファクタリングの買取価格も少額に抑えています。個人事業主でも使いやすい方向性を出している業者といえるでしょう。

対応地域

どこにいても株式会社ウィットのファクタリングを利用できます。地域を限定してファクタリングを展開しているわけではありませんので、どの場所からも依頼を出せます。電話さえあればいつでもファクタリングの相談や依頼が可能です。

地域を限定していないのは、ファクタリング業者を利用しやすいポイントの1つです。日本全国、どこにいても売掛金を買い取ってくれるのはいいところでしょう。

会社所在

本社は東京都にありますが、仙台営業所も準備しています。仙台の営業所でもファクタリングのサービスは実施されていますが、基本的に電話のサービスを中心に展開しているため、あまり営業所の場所は考えなくてもいいでしょう。

複数の営業所を設けているのは、信頼できるポイントと言えるでしょう。1店舗しか展開していない業者に比べると、複数の営業所を経営できるほどの規模を持っていると判断できるのです。